抗がん剤の副作用、白血球数が少ないと言われたら

抗がん剤による治療の影響で、血液中の白血球の数が減少することがあります。白血球の数が減ってきたときには何に気をつけたらよいのでしょうか? 今回は、副作用の中でも多くの抗がん剤で見られる白血球の減少についてご紹介します。

体を守っている白血球

血液の中には、赤血球、白血球、血小板と呼ばれる3種類の血球細胞があります。それぞれには役割があり、白血球には、細菌やカビ、ウイルスなどの異物を排除して体を守る働きがあります。

白血球にはいろいろな種類があり、顆粒球(かりゅうきゅう)と呼ばれる好中球、好酸球、好塩基球と、無顆粒球に分類される単球、リンパ球の5つに分けられています。中でも好中球は白血球の50~70%を占めるため、その数を副作用の指標として見ることも多くあります。

抗がん剤は、がん細胞のひとつの特徴である増殖活性の高い細胞をターゲットとしていますので、分裂の盛んな正常細胞も同様にダメージを受けます。血液をつくる骨髄もダメージを受けやすい組織のひとつです。そのため、抗がん剤により骨髄の機能が低下すると、白血球数の減少という形で副作用が出現するのです。

白血球数が減少する時期

現在は抗がん剤による白血球数が減少する時期が予測できるので、どの時期に特に注意すべきかについて担当医から説明があるでしょう。一般に、抗がん剤の投与後、2~3日で減少が始まり、10~14日で最も少なくなり、3週間目は回復期となることが多いようです。

白血球が減少すると?

それでは、白血球数が減少したときに心配しなければいけないことは何でしょうか? 体を守る役割を果たしている白血球が少なくなると、体内に入ってきた細菌などの病原菌を排除する力が弱くなるので、感染しやすい状態になります。一般に、血液1mm3あたり4000~9000個含まれている白血球が2000個以下になると、感染しやすくなると言われています。

では、感染症の症状にはどのようなものがあるのでしょうか。下記のような症状が見られたら、すぐに担当医に相談するようにしてください。

感染症の症状

  • さむけ、ふるえ、頭痛、関節痛、38℃以上の発熱
  • のどの痛み、のどの腫れ、鼻水、咳、痰
  • 吐き気、腹痛、軟便、下痢
  • 頻尿、血尿、排尿時の痛み、残尿感
  • おりものの増加、陰部のかゆみ
  • 傷や吹き出ものの腫れや痛み
  • 歯ぐきの腫れや痛み、歯の痛み

白血球数が減少しているときに気をつけたいこと

感染症を予防するためには、感染経路を絶つことが重要になります。日常生活の中で気をつけたいことを、以下に見てみましょう。また、担当医や看護師から注意すべきことがらについて説明があった場合には、それらの指示に従ってください。

  • 手を洗う

食事の前後やトイレの後だけではなく、外出後、掃除の後、庭の手入れ、ペットに触れた後なども手を洗うことを忘れないようにしましょう。

  • 外出時は人ごみを避ける

不必要な外出は控え、外出の際にはマスクを着用するようにしましょう。仕事をしている人は、可能であれば勤務時間をずらしてもらうなどして、人ごみを避けましょう。

  • うがい

外出後のみならず、起床時、食事や薬の服用の前後にもうがいをするようにしましょう。うがい薬を用いたうがいのほか、口内炎などで口の中がしみる場合には、生理食塩水でうがいをすると良いでしょう。

  • 食事

加熱調理したものを、調理後すぐに食べるようにします。消化の良いものを選んでとるようにしましょう。口の中を痛めないように、熱いものには注意し、魚のひれや小骨など硬いものは避けたほうが無難です。

  • 歯みがき

治療前に歯科にかかり、必要な歯の治療を済ませておくことは大切です。その際に、正しい歯みがき方法を習っておくとよいでしょう。

口腔内の清潔を保つため、毎食後には歯みがきが必要です。口の中を痛めないように、歯ブラシも柔らかいものがおすすめです。また、口内炎ができた場合の歯みがきの方法を事前に看護師に聞いておくとよいでしょう。

  • 入浴

衣類をこまめに交換し、毎日の入浴やシャワーで、体の清潔を保ちましょう。ただし、体力の消耗をさけるため、入浴は短時間にとどめ、時には清拭を活用するとよいでしょう。お風呂場を温めておくのも忘れないようにしましょう。

  • 掃除

ていねいに掃除し、家の中を清潔に保つことも大切です。カーテンやエアコンの状態にも気を配りましょう。

  • けがをしないように気をつける

なるべく傷をつくらないように、ひげそりの際には電気カミソリを用いるようにし、庭の手入れなどでは手袋をはめましょう。手足が乾燥してひび割れた場合には、クリームなどでケアするとよいでしょう。また、吹き出ものはつぶさないようにしてください。

  • 感染症の兆候をチェック

感染をいち早く知るため、体温を毎日測定するとよいでしょう。

感染症の症状が出たらすぐに受診を

抗がん剤治療による影響で白血球数が減少すると、感染症にかかりやすくなるほか、感染症も重症化しやすいので注意が必要です。感染の予防に努めるとともに、感染の兆候を見逃さないようにしないといけません。何かおかしいなと感じたら、早めに受診しましょう。


参考: