下血?血便?便の異常について理解しよう!

がんの治療中や療養中は、がんの症状としてだけでなく、治療の副作用やストレス、胃潰瘍などの疾患が原因で、下痢や便秘だけでなく下血や血便を生じることがあります。しかし、便の異常があっても「いつものこと」と次回の受診日を待っても良いものでしょうか。症状によっては緊急性が高く、早めの受診が望ましいものもあります。今回は、勘違いしやすい「下血」と「血便」の違いと特徴。さらにそれらの症状が起こる理由と対処方法、医療者への説明のポイントなどをご紹介します。

「下血」と「血便」の違い

「下血」と「血便」はどちらも似た意味をもつ漢字による言葉ですが、実はその症状や原因は全く異なります。そのため、こちらではまず「下血」と「血便」の症状と原因、その違いについて見ていきましょう。

  • 下血(黒い便)

「下血」は、何らかの原因で消化管に出血が起こった場合に、その血液が黒色に変色し排泄されるものを言います。出血が起こった位置や量によって便の色が異なります。主に胃や小腸などの上部消化管からの出血では、出血した血液が胃液の影響を受けるため黒く変化し、黒色(タール)便として排泄されるのが特徴です。このように便が黒色となる変化は、上部消化管からの出血時だけでなく盲腸や上行結腸からの出血によっても生じます。出血量が多い場合には、黒色の軟便や下痢として排泄されることもあります。下血の原因としては、胃がん、胃・十二指腸潰瘍、食道静脈瘤、急性胃粘膜病変などが知られています。

  • 血便(赤い便)

「血便」は、何らかの原因で下部消化管に出血が生じた場合に赤褐色、鮮紅色、暗赤色の便が排泄されるものを言います。赤褐色の血便は、大腸の右側(上行結腸)からの出血。鮮紅色の血便は、直腸や肛門部、S状結腸からの出血。暗赤色で粘液の混ざった血便は、大腸上部からの出血、潰瘍性大腸炎、クローン病、大腸炎などが原因と言われています。血便の原因としては、大腸がん、直腸がん、直腸ポリープ、内痔核などが知られています。

便の状態を観察しよう!

便は、排泄が終わるとすぐに流してしまうことが多いですが、症状の有無に関わらずに排泄ごとに観察する習慣をつけましょう。きちんと毎回観察すると、何らかの異変が生じた際に早い段階で気付くことができ、適切な治療を早く受けることができます。

それでは、健康な便の状態と便の観察ポイントについて見てみましょう。

健康な便の性状は、色はこがね色~茶色を帯び、有形です。普通便は、ソーセージやバナナのように弧を描くことができるような柔らかさとされ、硬便が合わさった塊便や、有形であるが柔らかめの便も正常な便の性状と言われています。ウサギの糞のように固くコロコロとした便は便秘傾向、不定型で柔らかい泥状便や水様便は下痢傾向であることを示します。

便の状態を観察する時には、白の便器に排泄するか、色味を帯びた便器の場合にはあらかじめトイレットペーパーを少し敷いた上に排泄すると色の状態を観察しやすくなります。便全体の色とあわせて表面に粘液や血液が付着していないかも観察しましょう。便の性状や量についても観察してください。医療機関を受診する際に、量の説明が難しい時には、手のひらを目安とし「片手一杯分ほどの黒っぽい便」と表現すると専門家に正確に伝えることができます。

便だけではなく、お尻を拭いたトイレットペーパーの状態も忘れずに観察しましょう。拭いたトイレットペーパーにも血液や粘液などが付着する場合もありますので大切なポイントです。

便の色や形などの性状は、食事内容や水分摂取量、体調などの影響を受けます。そのため、性状の変化を生じても異常とは限りませんが、異常な色や性状の便が続く場合には早めに医療機関を受診してください。

「下血」や「血便」が出たとき

前章のポイントにしたがって便の状態を観察した際に、下血や血便などの異常に気付いた場合には、その内容を忘れないように日時とともにメモしておきましょう。そして、できる限り早い時期に治療を受けている病院に電話でその状況を伝え、指示を受けるようにしてください。

特に要注意な場合は、下血や血便の量が時間を追って増加するときや、息切れやふらつきなど何らかの自覚症状があるときです。これは、出血が継続している可能性があります。出血が止まらない場合には、出血性ショックなどの危険性もありますので、すぐに医療機関を受診することをおすすめします。「あと一週間で受診の予約日だからそれまで待とう」などと自己判断で医療機関の受診を控えると、症状を悪化させることがありますので絶対にやめましょう。

何らかの処置の後に異常な便が排泄される可能性がある場合には、「日の間に○色の便が出る可能性があります」「このような状態の場合にはすぐに受診してください」と主治医からその旨が説明されるので、その指示を必ず守って便の状態をチェックしてください。もし、主治医などからの説明と異なる状態の便の場合には、遠慮せずに治療を受けている病院に電話して指示を受けましょう。

まとめ

今回は、便の異常である下血と血便について紹介しました。便の色や性状は他人と比較することがないため、異常に気付かずに過ごしてしまっている場合があります。他人への便の相談は気が引けるかもしれませんが、適切な治療を早い段階で受けるためには、何かおかしいかもと感じたら、遠慮なく専門家に相談するようにしましょう。「こげ茶色と思っていたけど黒色に近い気がする」「黒い便と茶色の便が混ざった感じ」などと自己判断が難しい場合も、検査自体はごく簡単な方法で行うことができるので、大袈裟と思わずに必ず相談してください。 

参考: