期待される最新ガン治療法「免疫治療」とは

今までのガン治療というと、従来外科手術、抗ガン剤の治療、放射線治療の3つが主だったものでした。しかし、現在、新しい治療法として注目されているのが「免疫治療」というものです。自分が本来持つ抵抗能力を利用した治療方法である「免疫治療」について、詳しくご紹介します。

従来のガン治療法と免疫治療法の違いについて

従来のガン治療との大きな違いは、自分の体内にある機能を使ってガン細胞のみを攻撃するという方法を取ることです。従来の治療法、抗ガン剤、放射線治療では、ガン細胞のみではなく、正常な細胞まで傷つけてしまうことが多く、吐き気、下痢、抜け毛などの副作用も大きいものでした。免疫治療法では、正常な細胞を攻撃することがないので、患者さんの負荷や副作用への心配が、大幅に軽減されます。患者さんにとっては、この違いは大きいと言えるでしょう。

代表的な免疫治療法「樹状細胞ワクチン治療」とは?

免疫治療方法の代表的なものに「樹状ワクチン治療」と呼ばれるものがあります。「樹状細胞」とは、もともと人間の体内に存在するもので、体内のガン細胞を見つけます。そして、「ガンの目印」を正確に認識し、その情報を周囲の白血球やリンパ球などに知らせて、ガン細胞を攻撃するように命令を出します。

この樹状細胞の元となる細胞の単体を、患者さんの体内から取り出し、樹状細胞へと育てる過程で、「ガンの目印」となるものを記憶させます。この「ガンの目印」となるものを記憶させた樹状細胞を再び体内に戻します。こうして、ワクチンとして機能させるのです。これが、「樹状ワクチン療法」のメカニズムです。

「樹状細胞ワクチン治療」のメリット

「樹状細胞ワクチン治療」は、細胞が一度覚えたガン細胞への免疫効果が、ずっと続きます。抗ガン剤や、放射線のように継続的に行う必要がありません。また、樹状細胞は全身を巡って攻撃しますので、転移してしまったガンの治療にも効果的であると言えます。

免疫治療は、手に負えないほど進行した一部のガン患者にも、ガンの縮小や進行を遅らせたという臨床研究の結果もありますので、今後も期待できる治療方法です。また、自身の細胞を使っているため、ワクチンの不適合による不調が起こりにくいというメリットもあります。

ガン治療に新たな光を照らす「免疫治療」

免疫治療と従来の治療法の最大の違いは、患者さんへの負荷が挙げられるでしょう。今回ご紹介した「樹状細胞ワクチン治療」をはじめ、多くの治療方法が研究・開発されています。現段階でも、治療は難しいと言われた患者さんが助かったケースもありますので、今後も大いに期待される治療法であると言えます。