乳がんの治療と更年期障害は関係がある?

乳がんの治療の一環として、ホルモン剤を使用することがあります。その際に、ホットフラッシュと呼ばれる、ほてりやのぼせ、発汗といった更年期障害のような症状に悩まされることがあります。今回は乳がんの治療におけるホルモン療法に焦点をあて、対処法もあわせて見ていきましょう。

乳がん治療における「ホルモン療法(内分泌療法)」

乳がんの約70%がホルモン感受性であると言われています。ホルモン感受性乳がんは、細胞の中にエストロゲン受容体があり、エストロゲンを細胞内に取り込んで増殖するタイプの乳がんを指します。そこで、エストロゲンを抑えることによって乳がんの増殖を抑制するというホルモン療法(内分泌療法)が乳がんの治療に用いられるようになってきています。薬剤の投与によって、エストロゲンの産生を抑制したり、エストロゲンの働きを抑制したりして、乳がん細胞が増えるのを抑えます。さらに再発抑制効果も期待できるので、現在ホルモン療法は、ホルモン感受性乳がんの標準治療のひとつとされています。

閉経前の人は、卵巣機能がしっかりしており、卵巣でエストロゲンが産生されています。それに対して、閉経後の人の卵巣機能は低下しており、エストロゲンは脂肪組織などで男性ホルモンをもとに産生されます。したがって、ホルモン療法の薬剤も、閉経前と閉経後では異なった薬剤が用いられています。閉経前の人には抗エストロゲン剤とLH-RHアゴニスト製剤の併用、閉経後の人にはアロマターゼ阻害剤と呼ばれる薬剤が使われるのが一般的です。LH-RHアゴニスト製剤は2~3年、あるいはそれ以上、抗エストロゲン剤とアロマターゼ阻害剤は継続して5年、あるいはそれ以上の投与となる場合が多いでしょう。

更年期障害のような症状が出る理由

ホルモン療法を受けると、体内のエストロゲン量が低下するので、閉経期と同じように、更年期障害とよく似た症状が現れることが少なくありません。

更年期障害としてよく知られているほてりやのぼせ、発汗などは、体温調節がうまくいかなくなることによって起こります。頭痛や肩こり、いらいら感、不眠などもよく見られる症状です。筋肉痛や関節のこわばりなどを経験する人もいます。骨密度も低下してきますので、定期的に骨密度測定を受けるとよいでしょう。気がかりな症状がある場合には、担当医や看護師に相談しましょう。

いろいろな対処法

更年期障害のような症状も、治療開始から数カ月たつと軽くなってくると言われています。しかしながら、療養生活をより過ごしやすくするためにも、症状が軽減するさまざまな対処法を試してみてはいかがでしょうか。

日常生活の工夫

ほてりや発汗、冷えなどにすぐに対応できるように、服装を工夫しましょう。いらいらしたり、気分が落ち込んだりするときには、食事や睡眠を規則正しくとるようにし、生活にリズムのめりはりをつけるようにすると良いようです。深呼吸をする、音楽を聴くなどの、自分にあったリラックスできる方法を探しましょう。また、患者会などに参加して、同じ悩みを分かち合ったり、情報交換したりするのも良いでしょう。

漢方薬

一般に、ほてりや発汗、不眠といった更年期障害の症状を軽減するために、漢方薬やサプリメントが用いられることがあります。しかし、これらにはエストロゲン作用が報告されているものがあるので、摂取する場合には注意が必要です。たとえば、大豆イソフラボンやざくろは避けたほうがよいと言われています。

漢方薬の中には、乳がんの治療中に用いても問題がないとされているものもあります。そのような漢方薬を利用すると、ホルモン療法の再発予防効果という恩恵を享受しつつ、更年期障害のような副作用に煩わされなくて済む可能性があります。

  • 加味逍遥散

不眠、不安感、めまい、頭痛、冷え、のぼせ、発汗などに。

  • 抑肝散

いらいらして怒りっぽいときに。

  • 桂枝茯苓丸

冷え、のぼせ、めまい、肩こり、頭痛に。

  • 桃核承気湯

冷え、のぼせ、便秘に。

  • 五積散

冷え、のぼせ、頭痛、関節痛、神経痛に。

その他、いろいろな処方が提案されています。保険が適用できる漢方薬もありますので、がんの漢方治療を専門としている医療機関に相談してみてはいかがでしょうか。症状にあわせた漢方薬を処方してもらうと、より確実な効果が期待できるでしょう。

体を動かすことも忘れずに

ホルモン療法によって、体重がどんどん増えることもあります。バランスの取れた食事をこころがけ、定期的な運動を欠かさないようにしましょう。水泳や自転車のような、関節の負担が少なく、全身を使うような運動がおすすめです。体の緊張がほぐれると、こころもほぐれるといいます。気分転換にもなりますので、積極的に体を動かすようにしましょう。


参考: