患者と家族の心のケアをサポートする「サイコオンコロジー」とは?

がんであると診断されてから、もしくは、体の不調を感じ始めたころから、不安やストレスを感じることは少なくありません。家族も同様で、さまざまな心の葛藤がおき、不安を抱いたまま精神的に追い詰められるように感じることもあるでしょう。

がんと向き合い、効果的な治療、療養生活を送るためには、患者本人はもちろん、支えとなる家族にも精神的な健やかさの維持が必要です。こうした患者と家族の心のケアを治療としてサポートするのが、サイコオンコロジーと言われる分野です。

今回は、ストレスの対処法とともに、サイコオンコロジーの取り組みについてご紹介します。

がんと心の関係

まず、がんによるストレスについて考えてみましょう。

日常生活のなかでもさまざまなストレスを感じることはあります。例えば、職場での人間関係や経済的な悩みもストレスとして心や体に影響を与えます。しかし、がんによるストレスは「がん=死」というイメージから絶望感と結びつきやすく、また、自分の努力では回避することができないため、心に大きくのしかかる傾向があるようです。がんのストレスから適応障害やうつ病になる人も少なくありません。

ストレスは生きる力とも深く関わっています。ストレスによって気分が落ち込んでしまっていては、効果的な治療につながらない可能性もあります。したがって、心の状態にも気をくばり、場合によっては的確な対処が必要となってきます。

ストレスは外に出して発散!を心がけよう

気分転換をすることは一般的なストレスの解消法としてよく知られています。がんによるストレスにおいても、気分転換は大切です。しかし、さらに心がけたいのが、悩みや心配ごとを「外に出す、発散する」という行為です。いくつか方法をご紹介しましょう。

  • 話を聞いてもらう

人に相談することは大切です。愚痴をこぼす、弱音をはくという行為は、決して恥ずかしいことでも情けないことでもありません。精神的なストレスをはき出すという重要な作業です。ぜひ、誰かに聞いてもらえる環境を得るようにしましょう。

家族にも言いにくいという場合は、患者会やサポートグループに参加するのも良いでしょう。患者会の情報は病院でも入手できますし、インターネットでも探せます。

  • 書き出す

不安が不安を助長するということもよくあることです。自分が何に不安を感じているのか、何からストレスがきているのかがわからなくなり、混乱を招くこともあるかもしれません。そういうときは、紙に書き出してみましょう。ひとつひとつ書き出して、優先順位をつけ、解決するには誰に相談すればよいのか、何をすればよいのかを論理的に整理してみましょう。正しい情報を入手し、問題点が整理されていくにつれ心が冷静になり、次の行動が見えてくることもあります。

  • 専門家とケアに取り組む

    自分では対応するのに限界があると感じたり、不安が解消できなかったりした場合には主治医に相談し、専門家とケアに取り組むようにしましょう。専門家と相談し、積極的にストレスを向き合い対処することで、心が晴れるという人も多いようです。

    サイコオンコロジー(精神腫瘍学)ってなに?

    そこで、サイコオンコロジー(精神腫瘍学)の登場です。これは、心理学(サイコロジー)と腫瘍学(オンコロジー)を組み合わせた新しい学問です。がん患者さんとご家族の心の動きや社会、行動的な状況をとらえ、幅広い視点から研究・臨床実践・教育を行うことを目的とし、1980年代に確立されました。

    こうした新しい学問が生み出された背景には、がん患者とその家族が経験するさまざまな心の反応が、治療、療養生活に影響を与えるばかりでなく、その後の精神的な健康を維持するうえでも見逃せないことがわかってきたからです。

    サイコオンコロジーの治療方法には、投薬のほか、カウンセリングや心理療法、リラクセーションなどがあります。また、ソーシャルワーカーがチームに加わっている場合には、経済的な不安や生活面でのアドバイスも受けることができるでしょう。

    不安感が大きい場合には、サイコオンコロジー科あるいはサイコオンコロジーを行っている医療チーム、精神腫瘍医への受診を考慮してみてはいかがでしょうか。

    サイコオンコロジーはどうしたら受けられるの?

    サイコオンコロジーを行う医療チームは、全国のがん診療連絡拠点病院などにある「緩和ケアチーム」「支持療法チーム」に配置されています。

    また、日本サイコオンコロジー学会が認定登録精神腫瘍医のリストをホームページに掲載していますので、精神腫瘍医を探す際の参考になるでしょう。

    予約や紹介状が必要になる場合もありますので、あらかじめ問い合わせるとよいでしょう。また、担当医にも相談してみましょう。

    まとめ

    がんの治療、療養中は自分も家族も気持ちが沈むときがあります。気持ちに波があり、睡眠や食欲にも影響が出てくると、治療に集中できない状態になってしまうことも少なくありません。

    こうした心の状態は、気持ちが弱いからなるわけではありません。心の治療を積極的に受けると、気持ちが安定して良い状態を維持することができる場合が多いようです。家族と一緒に治療を受けることもできます。まずは主治医に相談して、専門医を紹介してもらうようにしましょう。

    参考: