再確認しよう!がん治療中、療養中の便秘と対処方法

がんの治療中は、治療の影響などにより便通が滞ってしまうことがあります。便秘を軽視して「治療中だから仕方ない」とがまんしていると、ストレスがたまり体の症状が悪化する可能性も。今回は、がん治療中の便秘の症状と原因および対処方法をご紹介します。「知っているつもり」でも、あらためて確認しておきましょう。

がん治療中、療養中に起きる便秘の原因は?

がん治療中や療養中に生じる便秘。その原因として次の2つが知られています。1つ目は抗がん剤治療によるもの、2つ目はモルヒネなどのオピオイド鎮痛薬の使用によるものです。

  • 抗がん剤治療によるもの

抗がん剤は、胃や腸など消化や排泄に関係する臓器の運動を調整する自律神経や末梢神経、ホルモンにも影響を及ぼします。そのため、腸が正常に運動できず便秘を生じることがあります。また、抗がん剤の治療による副作用やがん自体の症状によって生じる吐き気を抑えるために、制吐剤(吐き気止め)が処方されることがあり、それが原因となる場合もあります。他にも、病気や治療にともなう精神的ストレスや治療による生活の変化(食事や水分の摂取量の減少、運動量の低下など)があげられます。

  • オピオイド鎮痛薬の使用によるもの

オピオイド鎮痛薬には、強力な痛み止めの効果がありますが、小腸の運動や腸液の分泌、下痢を抑える効果もあります。そのため、使用する薬の量が増加すると便が固くなり、排便が難しくなる傾向があります。

便秘の対処方法とポイント

多くの場合は、水分摂取を心がけたり、緩下剤などの服用を組み合わせることで便秘を予防したり、改善することが可能です。処方された薬剤だけにたよらず、食生活や適度な運動といった生活習慣を見直すことも大切です。以下にあげたポイントを中心にチェックしてみましょう。

  • 食生活について

こんにゃく、キノコ類、ゴボウなど食物繊維を多く含む食品を摂取するようにしましょう。食物繊維は消化されにくいので、便に水分を蓄えることができスムーズな排便を促します。

3食の食事を適量、きちんと摂取することは排便のためにも重要です。脂肪は腸を刺激しスムーズな排便を促すため、適度な脂肪分をとることも大切です。

十分な水分摂取も意識したいポイントです。体内の水分が不足すると便も固くなり、排便を妨げる原因になります。便秘がつらいと感じたら、1日にコップで7~8杯の水分を摂取するように心がけましょう。また、便意が起こりにくい場合は、起床時にコップ1杯程度の冷たい水や牛乳を飲むと、腸が刺激されて排便を促しやすいでしょう。

  • 排便習慣について

便意がなかなか起こりにくい人も、便意の有無に関わらず、毎日決まった時間にトイレに座るようにしましょう。まず、「トイレに行く」という行動が大切。規則的な排便の習慣をつけることが、自然な便意を促す助けになります。また、せっかく便意を感じても我慢してしまうと伝達神経が麻痺してしまうことも。いつでもトイレに行ける環境の確保も必要でしょう。

  • 運動習慣について

運動が可能な場合には、1日10~15分程度の体に負担にならない適度な運動を習慣にしましょう。これにより全身の血行の循環を促したり、筋力を維持、増進を促したりすることができます。腹筋の筋力が低下している場合は、便を押し出す腹圧を上手くかけられずに便秘となることもありますので、腹筋を意識した運動も効果的です。

運動が困難な場合には、腸への血流を良くして排便を促すことのできる温罨法(おんあんぽう:湯たんぽやカイロなどであたためること)や腸のマッサージを行うのもよいでしょう。仰向けに寝て腰の下にクッションやタオルなどを当て、腹部の緊張をとる姿勢を整えてから、臍の周りに「の」の字を書くように人差し指から小指までの4本を使って、ゆっくりと30回程マッサージします。就寝前や体が温まった入浴後に行うのがおすすめです。

  • ストレスについて

がんの治療中は特に心身ともにストレスを抱えやすい状況ですが、ストレスを溜めてしまうと交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまいがちです。これらのバランスが崩れると腸の活動が低下し、便秘の原因となってしまいます。便秘を予防するためにも、自分なりのストレス解消方法を見つけておきましょう。

まとめ

便秘をがん治療による影響と考えて見過ごしていると、腹部の張りや痛み、食欲の低下といった苦痛に見舞われるだけでなく、皮膚トラブルや精神的にも不安定となる場合があります。また、相談せずに一人で便秘をがまんしていると、重大な腸の病気を見逃してしまう危険性も。身近な問題だけに軽視しがちな便秘の症状ですが、主治医をはじめとする専門家にきちんと相談して、早めに適切な便秘解消方法を見出すことが大切です。この機会に、自身の便秘の症状についてもう一度見直してみましょう。

参考: