乳がん手術後に使う下着の選び方について

乳がんの手術を受けたあと、気になるのが下着の選び方です。全摘手術を受けた場合はもちろんですが、部分的に摘出する温存手術の場合でも、どのような下着を使ったらよいのか迷いますね。

今回は、下着を選ぶときにチェックしておきたいポイントなどをご紹介します。

機能的な下着を探そう

バストのバランスは動きや姿勢などにも影響をおよぼしますので、全摘手術であっても温存手術後であっても、機能的な下着を探し、体の負担を軽減しましょう。左右のバストの差を整え、バランスのとれたバストラインを作るものを選ぶよう心がけるとよいでしょう。

いろいろあるパッド

乳がんの手術後にバストを補うために使うのがパッドです。パッドは、バストラインを整えるために下着(ブラジャー)に装着して使用します。 いくつものメーカーから商品が提供されていますが、以下にご紹介する使用者からのコメントは選択の参考になるでしょう。

  • 重すぎて肩が凝るから、パッドの重さは実際に試着して確認することが大切だと思った。
  • 軽すぎてブラジャーからずれてしまい、バストラインが決まらない。
  • 肌にやさしい素材がうれしい。
  • 汗をかくと蒸れて、使いづらい。
  • 見た目もおしゃれなパッドが欲しい。
  • 価格と品質のバランスが気になる。

パッド選びには重さの確認が大切です。一般的には、術後すぐは軽めのものを選ぶほうが使いやすく、安定して積極的に日常生活、社会復帰を考えるころになると、ある程度の重さがあり、しっかりとバストのシルエットが保てるものが使いやすいようです。

気になる素材は、汗を吸収し、通気性のよい絹などを使用したパッドや低反発ウレタンを使用して自然なやわらかさ、フィット感のあるものが現在の主流です。

乳房に近い感触と重さが実現できるシリコンパッドもおすすめです。快適な温度を保つ温度調整機能シリコンパッドなどもあり、より快適に自然なバストラインを創り出せます。

そのほか、丸い袋のようなパッドにビーズを入れ、自在に形を調節できるビーズパッドなどもあります。

治療の経過に合わせて選ぼう

パッドのみならず下着そのものも、いろいろな機能やデザインが豊富に提供されるようになりました。治療の経過に合わせた下着が選べるので、それぞれの特徴を理解して、適切なものを選びましょう。

術後間もないときの下着

手術してまだ時間が経っていない場合は、切除した部分に痛みや腫れなどが出やすい状態です。また腕の上げ下げも負担に感じたり、傷部に触れるのも心配になる人が多い時期です。

この時期の下着は素材、縫製などを吟味する必要があります。素材は肌にやさしい柔らかいものであること。縫製は縫い目が傷口にあたらないような加工がしてあることなどをチェックしましょう。

また、脱着しやすいように前開きが良いようです。

下着にはバッドを入れるためのポケットがついていますが、そのポケットも肌あたりがソフトなものが適切です。

そして、着け心地が楽なだけではなく、きちんとしたサポート感があり、ボディーラインをきれいに見せてくれるものを選びたいですね。外出時に着るアウターにも響かないようにきちんとバストを収める安定感が必要でしょう。例えば、アンダーバストのあたりには補強用の布でバストをサポートする構成になっているほか、軽めのパッドを入れて調節できるポケットがついているものもありますので、納得がいくものを選びましょう。

術後の経過が安定したころの下着

術後の経過が安定してくると、治療も一段落し、普段の生活に戻る時期です。積極的におしゃれを楽しみたいと思う頃でもあります。この時期に選ぶ下着は、アウターのバリエーションに合わせた下着を選ぶこともポイントのひとつで、胸元の開きなどもチェックしましょう。

広く胸元の開いたタイプやあまり開きはないけれど包み込むようなタイプのもの、その中間くらいの開きタイプなどがあるようです。

どのタイプであっても、しっかりと生地に裏打ちが施され、バストラインを整える機能があるかをチェックしましょう。また、裏生地は肌にやさしい素材であるかどうかも確認が必要です。

そのほか、汗のかきやすいアンダーバストに通気性のよいメッシュ素材を採用したものもあり、つけ心地を考えて選ぶときの参考になるでしょう。

この時期の下着は、バストを保護、補正するのみならず、下着をつけることを楽しむためのデザインや装飾が施されたものが豊富に提供されています。刺繍やレースでエレガントな雰囲気のものなどもあり、好みにあったものを探してみましょう。

スポーツブラ

積極的にスポーツに取り組む人のために、バストをしっかりサポートし、成形カップなどの揺れを軽減する構造になっているものや、運動時の肌との摩擦を軽減した縫製になっているものなどが提供されています。

スポーツを本格的にする人以外でも、安定感のある下着として、日常的に着用する人も多いようですので、選択肢のひとつに入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

乳がんの手術で乳房を全摘あるいは温存手術で一部を摘出した人のなかには、女性としての自信が持てなくなり、不安な気持ちになる人もいます。今日では、機能性と美しさを追求して開発された下着が豊富に提供されています。おしゃれを楽しむ感覚で自分にぴったりのものを選びましょう。試着をして、つけ心地、重さ、形、見た目を確認することが大切です。自分にあったおしゃれな下着を身につけると、心も明るく前向きに過ごすことができるでしょう。

参考: