がん療養とリハビリテーションについて

最近では、がんの療養生活に積極的に「リハビリテーション」を取り入れるようになっています。がんの治療で衰えた体力の回復に加え、心のダメージをも和らげ、前向きな生活を取り戻すきっかけになるというのが大きな理由です。

そこで、今回はリハビリテーションのタイミングと方法についてご紹介しましょう。

リハビリテーションの対象となる障害

リハビリテーションは、がんの進行やがん治療の過程で生じた障害により損なわれた生活の質を改善するために行います。どのような障害が対象になるのかについて、次に見てみましょう。

がんの進行によって起こる障害

  • がんが骨へ転移すると、痛みが出ることが多いようです。痛みによる障害もリハビリの対象です。
  • 脳腫瘍、脊髄の腫瘍などは麻痺や言語障害、排尿障害を起こす可能性があります。こうした症状もリハビリの対象です。
  • 末梢神経にダメージを受けて起こったしびれや筋力低下もリハビリで緩和できる可能性があります。

がん治療の過程で生じる障害

  • 放射線治療や抗がん剤によって筋力や体力が低下したり、しびれを感じたりすることは多いようです。リハビリで積極的に回復をはかる症状のひとつです
  • 肺炎などの合併症などもリハビリの対象です。
  • 乳がんの手術後に見られる肩関節の運動障害も、リハビリで機能回復をはかることができます。
  • 嚥下や発声の障害は舌がんの治療の過程で見られる障害です。こうした症状もリハビリで改善することができます。
  • 四肢に発生したがん治療による機能障害もリハビリで機能回復をはかります。

いつ始めて、どのように行うのか

最近では、がんのリハビリテーションは、がんと診断されたときから考えておくべき治療のひとつと言われています。なかでも「予防的リハビリテーション」は、後遺症などの障害が出ていない段階から取り組むことで、予想される機能低下を軽減し、生活の質の維持を目的に行われます。

また、回復期、維持期にも、適度な運動を取り入れたリハビリテーションを治療と並行して行い、治療効果を高めることが期待できます。

このように、がんのリハビリテーションはいくつかの段階に分けられ、さまざまな手法がとられています。

予防的リハビリ

がんと診断された早い時期からスタートするリハビリテーションが、予防的リハビリテーションです。機能障害に対応するものではなく、治療によって起こりうる後遺症などを軽減することを目的に行います。したがってこの予防的リハビリは、他の分野に比べてがんのリハビリテーションに特徴的なものだと言えます。

たとえば、腹式呼吸の正しい方法を身につけることもそのひとつです。また、現状の筋力や心肺機能を評価し、その機能を維持、増進するための運動などを取り入れて行います。

回復的リハビリ

治療開始段階から始めるリハビリテーションです。機能障害や筋力、体力の低下が見られる状態で行うので、専門家のアドバイスや指導を受けます。機能回復をはかり、離床を促すためのリハビリテーションでもあります。

治療を開始してから体力の再評価を受け、それに適した運動を取り入れたリハビリを行います。麻痺や痛み、飲み込みや発声困難が生じている場合は、部位に応じた専門的な訓練も行います。また、日常生活の具体的な仕事や作業も訓練します。

なかでも注目されているのが運動療法です。がん治療や療養生活において体力や筋力の維持は、治療を継続するためにも重要な課題です。運動療法を取り入れると、低下しやすい体力を維持することができ、治療効果を高めることにもつながります。

運動療法は、ウォーキングや自転車エルゴメーターなどを利用して有酸素運動を行うのが一般的です。専門家の指導のもと、適切な運動量で行うことが大切です。

維持的リハビリ

維持的リハビリは、転移や再発が確認された段階で検討されるリハビリテーションです。がんが進行して機能障害が強く出始めた場合、運動能力の維持や回復をはかるために行います。この段階のリハビリには、自助具の使用を視野にいれて、その操作のコツやセルフケアの習得も含まれます。また、さらに進むかもしれない筋力低下に対応するリハビリを行います。

方法としては、機能の低下している動作を維持するための軽い運動や、動作をサポートする道具の使い方などを習得します。

緩和的リハビリ

生活の質を維持することを優先させる段階で行うリハビリテーションが緩和的リハビリです。

方法としては、姿勢などを維持しやすいようにポジショニングを習得したり、スキンケアの方法を習得したり、体力を維持し、負担を軽減するための方法を習得します。たとえば、呼吸は横になるよりも座っている体位が楽なので、うまく座った姿勢を維持できるような方法の習得などがあります。

まとめ

現在では、生活の質を維持し、効果的な療養生活を送るうえでリハビリテーションの果たす役割は重要視されています。予防的にリハビリを行い、適度な運動を取り入れて継続することで、治療を助けることもわかってきました。ただし、無理なリハビリテーションを自己判断で行うのは効果的ではありません。がんと診断を受けたときから、専門家のアドバイスを受けつつ、治療の一環として日常生活のなかに取り入れていきましょう。

参考: