おなかのまわりが大きくなったら、気をつけよう

「最近、おなかがぽっこりしてきた」「今までのズボンがきつくなってきた」というのは、おなかの内蔵のまわりの脂肪が増えてきたサインです。これは、最近話題のメタボリック症候群と関係があります。そのまま放置すると、虚血性疾患、脳卒中、糖尿病など死に至る危険性の高い病気を引き起こす可能性もある、怖いサインなのです。

肥満のタイプ

肥満は、腹部の内蔵のまわりに脂肪がつく「内臓脂肪型肥満」とおしりや太ももなどの下半身の皮下脂肪が増える「皮下脂肪型肥満」にわけられます。内臓脂肪型肥満は男性に多く、その見た目から「リンゴ型肥満」、皮下脂肪型肥満は女性に多く「洋ナシ型肥満」とも言われます。

健康上問題となるのは、内臓脂肪型肥満で、高血糖、脂質異常、高血圧を引き起こしやすく、放置すると命に関わる病気を招くこともあります。この肥満は日常生活習慣と深い関わりがあります。食べ過ぎや運動不足など、悪い生活習慣の改善によって、予防、改善が出来ます。

メタボリック症候群

メタボリック症候群は、内臓脂肪型肥満によって、糖尿病、脂質異常、高血圧を発症し、動脈硬化が引き起こされやすくなった状態のことを言います。腹囲(ウエスト)周囲径が、男性で85cm以上、女性で90cm以上あり、①脂質異常(150mg/dl以上の高トリグリセリド血症)、あるいは、②高血圧(収縮期血圧130mmhg以上、拡張期血圧85mmhg以上)または、③高血糖(空腹時血糖110ml/dl以上)のうち、2つ以上を満たしたものをメタボリック症候群といいます。上記の①~③のうち1つのみ該当する方は、メタボリック症候群予備軍と呼ばれます。厚生労働省の発表によると、40~74歳の男性の約50%と女性の20%が、予備軍も含め、メタボリック症候群に該当すると言われています。

メタボリック症候群が悪化すると

コレステロールや中性脂肪などの脂質の異常が続いたり、血圧が高くなり血管や心臓に負担がかかる状態が続いたり、血糖が高い状態が続いたりすると、健康な体が徐々に蝕まれていきます。重症化すると、心筋梗塞や狭心症などの虚血性心疾患を起こす、脳出血、脳梗塞などの脳卒中を起こす、糖尿病の合併症のため、失明する、人工透析を受けることになるなど、恐ろしい危険性をはらんでいます。さらに進行すれば、日常生活に支障をきたし、介護が必要になったり、認知症になったりするリスクが高まります。

メタボリック症候群と生活習慣

メタボリック症候群は、食生活や生活習慣の乱れが関係しています。「不規則な食事や食べ過ぎる習慣」、「アルコールを飲み過ぎる習慣」、「あるいは運動不足」や「自分の体の健康状態を知らない」。等思い当たりませんか? 不摂生が積み重なると、メタボリック症候群になりやすくなっていきます。近年、食生活の欧米化で、動物性脂肪の摂取量が増え、エネルギーをとり過ぎています。また、定期的に運動をしない人も多く、度重なる飲酒の習慣から、肥満人口も増加しています。日本人男性の30~60歳代の約30%が肥満であると言われています。生活習慣の見直しは大切です。

メタボリック症候群にならないために

食生活では、一日三食、規則正しく食べる、腹八分目を心がけて食べ過ぎない、お菓子やジュースなど甘いものを控える、お酒も飲み過ぎないなどに注意してください。禁煙することも必要です。
運動は、階段を使う、よく歩くなど日常生活の中で積極的に体を動かすことに留意し、スポーツ、趣味等を心がけましょう。

定期的な健康診断で自分の体の状態をチェックすることも大切です。高血圧、高脂血症、糖尿病などの生活習慣病は気づかないうちに進行していきます。日本では、定期健康診断で、血圧、肥満、血糖、血中脂質の4項目に異常が見られた人に対しては、二次検診や特定保健指導を受けた際の費用は、労災保険が給付されることが決められています。
さぁ、あなたも今日から生活習慣を改め、メタボリック症候群を予防しましょう。