どこが違う?良性腫瘍と悪性腫瘍

体の中や表面にできる、ふつうと異なる組織のかたまりを「腫瘍」といいます。腫瘍は、異常な細胞が過剰に増えることにより発生し、その性質の違いにより「良性腫瘍」と「悪性腫瘍」の2種類に分かれます。このうち、私たちが「がん」と呼んでいるのは「悪性腫瘍」のほうです。

良性腫瘍と悪性腫瘍とでは治療の仕方が異なるため、なるべく早い段階で区別をつけなければなりません。では、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。

膨らむように広がる良性腫瘍 通常は転移なし

人間の体にできる腫瘍は、細胞の広がり方や増殖のスピード、全身への影響度などの違いにより、良性腫瘍と悪性腫瘍とに分かれます。

良性腫瘍の場合、細胞が広がるときには膨らむように大きくなります。細胞が増殖するスピードは比較的緩やかです。ふつう、腫瘍が離れた場所に飛んでそこでも大きくなること(転移)はなく、また、一度切除してしまえば再発することも、ほぼありません。腫瘍ができた部分以外への全身的な影響もほとんど現れず、発生後すぐに生命に危険が及ぶことがないのが特徴です。

代表的な良性腫瘍には、胃腸や乳腺などの粘膜や内分泌腺にできやすい「腺腫」、肩や背中の脂肪細胞が異常増殖してできる「こぶ(脂肪腫)」などがあります。一般に良く知られている「子宮筋腫」や「おでき」も良性腫瘍です。

浸潤しながら広がる悪性腫瘍 転移もあり

悪性腫瘍の場合、細胞が広がるときには周囲の組織に食い込んでいきます。細胞の増殖スピードは比較的速く、転移することもあります。また、一度取り除いても、再発するケースもみられます。速いスピードで成長するため、他の細胞への栄養や酸素が不足するなど、全身的な影響が現れることも。発生後、短期間で生命に危険が及ぶ場合もあります。

このような悪性の腫瘍には、「がん腫」「肉腫」などがあります。がん腫は一般に「がん」と呼ばれるもので、胃、腸、肝臓、肺、子宮、乳房等の機関や皮膚などにできます。「肉腫」は骨や筋肉などに発生するタイプです。白血病や悪性リンパ腫、骨髄腫も肉腫に含まれます。また、この他にも、「神経腫」や「生殖細胞腫」などの悪性腫瘍があります。

良性腫瘍と悪性腫瘍の見分け方

このように、性質上さまざま違いがある良性腫瘍と悪性腫瘍ですが、実際にはどのように見分けられるのでしょうか。

現在、がんの病理診断では、腫瘍の増殖スピードを判断材料にする方法などが採用されています。具体的には、腫瘍の組織をチェックし、これから増えようとしている細胞の数を調べ、その数の割合から腫瘍の増殖する速さを割り出し、良性か悪性かの判断を下すのです。ところが、そのような方法を用いても、100%正確に判別できない場合もあるので、注意深く経過を観察する必要があります。

また、このような診断を受ける前に、自己診断で悪性腫瘍を良性腫瘍と思い込んでしまうということは避けたいものです。この2種類の腫瘍には、今回ご紹介したように大きな違いがありますが、ときに区別をつけるのが難しいケースもみられます。必ず医療機関で診断してもらうようにしましょう。