がん、抗がん剤によるしびれの原因とその対策

正座などで足がしびれてしまった経験は誰でもお持ちでしょう。その「しびれ」が体のあちらこちらに感じたら? 四六時中、その「しびれ」に悩まされたとしたら?

まさに今、がんやがん治療によってその「しびれ」に苦しんでいる方に、今すぐに試していただきたい対処法をご紹介します。

がんやがん治療の副作用による「しびれ」はどんな症状?

「しびれ」は、症状や程度に個人差はありますが、肌に直接的に生じている刺激を的確に察知することができないという感覚の障害(触覚、痛覚、温感覚・冷感覚など)をさします。そのため、その症状も「ジンジンする」「だるく重い」「力が入らない」などさまざまです。感覚が鈍くなったり、刺激に対して過敏となることもあります。また、少し触れただけでも痺れを感じたりするなど、実際の刺激と異なる感覚が出現することもあります。

がんの進行と抗がん剤の副作用が主な「しびれ」の原因

病気の進展によって生じる「しびれ」としては、主に次のものがあげられます。

・がんによる末梢神経の傷害によるしびれ
感覚などの情報を脳に伝える末梢神経が圧迫により傷つくと、手足にしびれを感じます。傷害によっては、感覚鈍麻が見られることもあります。

・血管へのがんの浸潤(しんじゅん)によるしびれ
がんが血管まで浸潤した場合は、やけるような痛みとしびれを感じます。それは、その血管が収縮と弛緩(しかん)を起こしたり、まわりのリンパ管が炎症を起こしたりするためです。

・脊髄の傷害によるしびれ
脊髄は、脳からの命令や体で感じた情報を伝達する役割を担っており、背骨の中心を通る神経組織です。がんの脊椎骨転移により脊髄のどこかに損傷を受けると、その部位からの情報伝達が適切に行うことができなくなるために、しびれとともにその部位をスムーズに動かすことが難しくなることがあります。がんの転移位置によっては下半身不随となることも。また、膀胱の機能をつかさどっている神経が障害を受けると、尿失禁を起こすことがあります。

今すぐ自分でできる「しびれ」の対策とは?

1)血行を良くする
血行促進のためには、ぬるめのお湯での入浴や運動習慣をもちましょう。血行障害が原因であれば、その部位をマッサージすることも効果的です。ただし、触れただけでも痛みを感じる場合は、マッサージは避けて別の方法を選択しましょう。

血行を良く保つためには、血管の状態を良好に保つことも大切です。ビタミンCやEなどを多めに、バランスよい栄養摂取を心がけましょう。

2)良い姿勢をとる
末梢神経の圧迫や損傷を防ぐためには、良い姿勢が一番ですが、極度に行うのではなく人間の生理的な骨格を意識し、脊椎に負担のかからない姿勢を心がけましょう。

立位での良い姿勢とは、重心が体の中心にとどまり、側面から見た時に耳の穴、肩関節、大腿骨大転子、外果(そとくるぶし)が一直線に並ぶ姿勢が、脊椎の生理的湾曲にそった正しい姿勢と言える目安となります。

3)身体への過度な刺激を避ける
日常生活で直接肌に当てる衣類やタオルはできるだけ肌に刺激の少ない布地や伸縮性に富んだ生地を用いたものを。デザインも、体を圧迫しないものを選びましょう。

「しびれ」の部位を「気になる」「違和感を覚えて仕方ない」と思っても、つねったり、マッサージ器具などで過度に刺激することは、けがをする原因にもなりますので避けましょう。

4)身体を保護する
「しびれ」があると、体に何か異常や危険が身に生じた時に、防御や対処が遅れがちになりますので、特に日常生活で体に触れるものの温度には気を配り、熱傷(やけど)、凍傷、外傷などに注意しましょう。

特に気をつけなければならないのが「熱傷」です。お湯などの温度はきちっと測るようにしましょう。湯温計を用いると、体に適した温度かどうかを一目で判断することができます。薬局や百円ショップなどで手軽に購入できますので、利用しましょう。

感覚が鈍っている時こそ、便利な道具を活用したり、今までよりも少し工夫をしてけがや事故から身を守るように心がけましょう。

「しびれ」がある時こそ全身の観察を忘れずに!

感覚が鈍っているために、知らない間に体を傷つけてしまっていたり、けがを負っていても気がつかなかったりすることがあります。また、つい楽な姿勢を長時間とってしまうことで「褥瘡(じょくそう)」が知らぬ間にできてしまうこともあります。そのため、入浴や着替える前などに日課として、裸の状態で足先から頭まで背中も忘れず観察することをおすすめします。一人で無理な場合は家族の力をかりることも大切です。

「しびれ」を上手く対処して少しでも快適な生活を!

現在は、薬物療法も行われていますが、その内容や効果は病状や治療、副作用の症状によってさまざまです。かかりつけ医に相談して、ご自身にあった処方を受けて下さい。

相談の際には、「一番つらい症状は具体的に体のどの部分の何か」「睡眠や休養は十分にとれているか」「実際に処方された薬を内服した後は具体的にどのくらいの時間、薬の効果が得られている様に感じるか」などを記入したメモを持参すると良いでしょう。

ご紹介した内容は自宅ですぐに取り組める方法です。いろいろな組み合わせを試してみたり、道具や時間を工夫してみたりして、ご自身にあった良い方法をぜひ見つけ出して下さい。